アップル(AAPL)は9月12日、新しいテレビ番組とビデオゲームの予告編を披露した。近くサービスを立ち上げる動画ストリーミングサービスApple TV+と2019年3月に立ち上げたサブスクリプション型ゲームサービスApple Arcadeの一部となるコンテンツ。

*投資家にとって重要だったのは、月額4.99ドルと予想外に安かったApple TV+の価格。このニュースを受けて、投資家が、アップルのストリーミングへの肩入れの強さが競合相手にこれまでにないリスクを突き付けていると感じネットフリックス(NFLX)の12日の終値は2.2%安、近くDisney+を立ち上げるウォルト・ディズニー(DIS)も2.2%安。

*月額4.99ドルというApple TV+の価格は魅力的に見えるものの、提供される番組とサービスの数を考えるとそうでもない。同社のニュースリリースには立ち上げ時に9本の番組が提供されると書かれている。それで全部か、という筆者の質問に同社は答えなかった。他の番組を準備しているのであればその場で言及していたと考えるのが妥当である。ラインアップの小ささを踏まえると、Apple TV+は実際には競争相手よりも割高。オリジナルコンテンツの充実が大きな課題。

*サブスクリプション型のApple Arcadeの見通しは、Apple TV+と比べてさほど明るいものではなさそうだ。アップルのサービスが離陸しない場合、投資家の関心は中核事業のiPhoneに向けられることになるがiPhoneの見通しは依然として精彩を欠いている。

 

2019年9月16日号『バロンズ拾い読み』より
6. Apple’s TV Service Could Be a Flop アップルのサービス事業の行方【ハイテク】
Apple TV+の月額4.99ドルは実は割高、オリジナルコンテンツ拡充が鬼門に