■ バロンズ・ラウンドテーブル
*1月7日開催された毎年恒例の世界トップクラスの投資家10人によるラウンドテーブル。

■ メリル・ウィトマー氏発言要旨(所属:イーグル・キャピタル・パートナーズのゼネラル・パートナー)
*GDP
2019年の米国のGDP成長率、実質で2%。

*バリュエーション
QTの影響が大きい。下半期には加速、通年で実質2%。

 

(メリル・ウィトマー氏)

 

2019年1月14日号『バロンズ拾い読み』より
1. Barron’s 2019 Investment Roundtable 全般の見通し 【ラウンドテーブル】
投資のプロによる2019年市場見通し