■ ラウンドテーブル 個別銘柄/投資対象
今週は、ラウンドテーブルの第2回として、各人の推奨銘柄・投資対象を紹介する。

■ 参加者と所属

氏  名 所  属
1 ジェフリー・ガンドラック ダブルライン・キャピタルのCEO兼CIO
2 ヘンリー・エレンボーゲン T.ロウ・プライスのCIO
3 ウィリアム・プリースト エポック・インベストメント・パートナーズのCEO兼共同CIO
4 オスカー・シェーファー リビュレット・キャピタルの会長
5 メリル・ウィトマー イーグル・キャピタル・パートナーズのゼネラル・パートナー
6 マリオ・ガベリ ガムコ・インベスターズの会長兼CEO
7 アビー・コーエン ゴールドマン・サックス証券のシニア投資ストラテジスト
8 スコット・ブラック デルファイ・マネジメントの創設者および社長
9 ルパール・バンサリ アリエル・インベストメンツのCIO
10 トッド・アールステン パルナッソス・インベストメンツのCIO

■ ジェフリー・ガンドラック氏(ダブルライン・キャピタルのCEO兼CIO)推奨銘柄
*2019年に、FRBは2回の利上げを想定しているが、市場は実質的に利上げを予想していない。ドルに対する強気のポジションも大量に積み上がっており、ドル安に転じた2016年終盤と同水準になっている。また、財政赤字と貿易赤字もドル安との相関性が高い。

iシェアーズMSCIエマージング・マーケッツETF(EEM):ドル安は新興国株式のアウトパフォームとの相関性も高い
金、バンエック・ベクトル・ゴールド・マイナーズETF(GDX):2019年は、金とコモディティーが恩恵を受ける見通し
バンガード・ショート・ターム・フェデラル・ファンド・インベスター(VSGBX):低コストで1年から4年の米国債に投資する

 

2019年1月21日号『バロンズ拾い読み』より
1. 10 Stockpickers 個別銘柄・投資対象【ラウンドテーブル】
10人の投資専門家による推奨銘柄・投資対象