*今年上半期だけを見れば金融市場のパフォーマンスは非常に好調。S&P500指数に追随するSPDR S&P500 ETF(SPY)は年初来から27日までに17.72%上昇した(権利落ち等調整後、以下同じ)。ただ、2018年下半期の不振を考慮に入れた12カ月の上昇率は10.38%とそれほどでもない。債券も好調で、投資適格課税債のパフォーマンスを示すiシェアーズ・コア米国アグリゲート・ボンドETF(AGG)の27日までパフォーマンスは、6カ月が5.89%、12カ月が7.85%。今年上半期の株式と債券の好調は、米連邦準備制度理事会(FRB)による金融引き締めから金融緩和への方針転換を主に反映。

 

2019年7月1日号『バロンズ拾い読み』より
6. Up and Down Wall Street 好調だった上半期【コラム】
利下げ予想で株式と債券が好調 超長期債の可能性