*登録投資顧問会社(RIA)であるクリエイティブ・プランニングが運用する顧客資産は2016年以降約3倍に増え、420億ドルを超えた。広告の規制違反などで証券取引委員会(SEC)から25万ドルの罰金を科されたり性的不品行を非難されたライフコーチとの提携を解消したりと、問題がなかったわけではない。業界が手頃な価格で上質な顧客サービスを提供すべく事業の規模を追求する一方で、管理能力の拡大が規模の拡大に追い付かない可能性もある。

*過去10年の間にS&P500指数は年平均13%超で上昇し、この間に投資顧問会社の管理資産は2桁成長を遂げた。また、独立系投資顧問業界では、成長と同時に企業の統合も進行している。個人投資家向けに特化したRIA法人は昨年末現在で1万7107社あり、総額4兆8000億ドルの資産を運用していた。

*本誌はRIA法人の上位ランキングを3年前から発表しており、昨年は上位40社のランキングを発表したが、今年は上位50社に拡大。新規個人客獲得や既存顧客との取引拡大により内部成長を遂げる企業、買収により成長する企業がある。ランキングナンバーワンのエデルマン・ファイナンシャル・エンジンズは合併による成長の最も顕著な。また、法人ではなく個人で営業するアドバイザーを対象とした第13回年間トップ100独立系ファイナンシャルアドバイザーも掲載。

 

2019年9月16日号『バロンズ拾い読み』より
5. Are RIA Firms Growing Too Fast? 成長が早過ぎる? 【投資顧問業界の近況】
急速な成長と統合が進む登録投資顧問業界の動向