■ コグネックス(CGNX)
*マサチューセッツ工科大学(MIT)の講師だったボブ・シルマン氏が創業。『コンピューターの目』マシンビジョンの世界的なリーダー。自動車、家電、ライフサイエンス、および物流機器向けソリューションとして車両組み立て時のガイドや、バーコード識別などに応用。
*過去5年の売上高成長率は年17%以上、今後2年のアナリスト予想は年率平均14%。これはラッセル1000指数内の資本財企業としては最も高い。
粗利益率は75%超、資本財企業(粗利益率30%前後)というよりもソフトウエア企業に近い。
*家電業界・自動車業界の不透明感や景気減速懸念で株価は年初来40%下落、予想株価収益率(PER)は1年前の43倍から、26倍まで低下している。詳細に検討する時期か。
*景気懸念が和らぎ同社製品の市場が上向けば、同社の売り上げの伸びも続くだろう。市場がコグネックスをソフトウエア企業と同様に評価すれば、現在37ドル前後の株価は45ドルに達する可能性も。

 

2018年12月31日号『バロンズ拾い読み』より
9. The Trader 乱降下の末に大幅反発 【米国株式市場】
月曜日の急落後に大きく反発したが、要因は銀行規制を背景とした流動性の低下か