■ 市場全体に追随するファンド
*フィデリティ・ゼロ・トータル・マーケット・インデックス(FZROX):経費率がゼロ。ただし、同社から直接購入する場合に限って投資可能。すなわちこのファンドは新規顧客の導入手段。
*バンガード・トータル・ストック・マーケット(VTI)やiシェアーズ・コアS&PトータルUSストック・マーケット(ITOT):どの証券会社からでも購入可能。
*フィデリティ・トータル・マーケット・インデックス・ファンド・プレミアム(FSTVX):フィデリティの顧客は購入できるが、経費率は0.015%。
*ブラックロックによるiシェアーズ・コアS&PトータルUSストック・マーケットがバンガードのETFよりも優れている。年間手数料は0.03%でバンガードの0.04%を下回り、ほとんど全ての手数料不要のプラットフォームで取引できるためだ。
*iシェアーズ・コアS&PトータルUSストック・マーケット(ITOT):ベンチマークを2015年12月にS&Pコンポジット1500指数からS&Pトータル・マーケット・インデックスに変更し大半の中小型株を保有。保有銘柄は3401銘柄、バンガード・トータル・ストック・マーケットが全ファンドの中で最大の3667銘柄

2018年11月12日号『バロンズ拾い読み』より
7. The Best Way to Own the Entire Stock Market 1ファンドで市場を保有 【投資信託】
iシェアーズ・コアS&PトータルUSストック・マーケットが最良