*「世界の優れた最高経営責任者(CEO)」リストはS&P500指数構成企業と米国以外の多くの企業から、売上高、利益および株主リターンの伸びに関して近年に優れた成果を上げた企業をスクリーニング後本誌編集者が選出。「先見の明がある創業者」、「成長をけん引するリーダー」、「変化をもたらすエージェント」の三つのグループに分類。

*「先見の明がある創業者」:ブラックストーン・グループ(BX)共同設立者スティーブン・シュワルツマン氏が初ランクイン。同業のブラックロック(BLK)を早期から支持。

*「成長をけん引するリーダー」:ウォルト・ディズニー(DIS)のロバート・アイガー氏。バンク・オブ・アメリカ(BAC)のブライアン・モイニハン氏など。

*「変化をもたらすエージェント」は、自社の偉大さを取り戻した人物。マクドナルド(MCD)のスティーブ・イースターブルック氏など。

*ランク外に:宅配・航空貨物大手フェデックス(FDX)モルガン・スタンレー(MS)エヌビディア(NVDA)など。

*その他:へンリー・フェルナンデス氏は指数プロバイダー大手MSCI(MSCI)を金融ベンチマークの巨大なスーパーマーケットへと拡大。防衛・航空宇宙大手ロッキード・マーチン(LMT)のマリリン・ヒューソン氏は、市場をアウトパフォーム、防衛支出をめぐる政府のシーソーゲームを乗り切る。リサ・スー氏は、半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)を、常にインテル(INTC)に劣る存在から同社にとって本当の脅威へと変えた。会員制量販店大手コストコ・ホールセール(COST)のクレイグ・ジェリネク氏、電力大手ネクステラ・エナジー(NEE)のジェームズ・ロボ氏など。

 

2019年6月17日号『バロンズ拾い読み』より
1. The World’s Best CEOs of 2019 2019年の世界の優秀CEO【CEO】
世界の優れた最高経営責任者(CEO)30人